ヘルパーという仕事に関わらず、人と信頼関係を築いていくことは大切だと思います。良い関係を築くためのコミュニケーションにコツがあればみんな知りたいと思います。僕も知りたい。事業所内でコミュニケーションをとる時に気を付けていることを共有したことがあります。その中の意見を一つ。



 相手から何かしら本人の情報を得た時は、その情報をもとにこちらからどんどんコミュニケーションを投げかけることで、おしゃべりの糸口を見つけていく、ということを心がけているヘルパーさんがいました。



自分に置き換えてみればわかりやすいかもしれませんが、好きなものの話は人にどんどん話したくなるものが多いと思います。例えば「猫が好きで飼っているんです」と話して下さったとします。猫の名前や性別、年齢や種類、性格など、たくさんお喋りする内容が出てくると思います。それらを聞いていくと相手にたくさん話してもらえることになり、場が和んでいくと思います。また、「私も猫が好きです」と伝えれば、親近感が生まれてコミュニケーションが円滑になるはずです。仮に猫が苦手であっても、関係がまだ十分にできてない相手の好きなものに対して「私は嫌いです」と伝えるのは少しお粗末ですよね。相手の好きなものを否定するような発言はだめですね。



 また、さらに関係が築けると「こういう人は苦手です」という情報も出てくるかもしれません。その情報はとても重要で、そういった関わり方は避けていかないといけません。気にせず関わってしまうと一気に関係が崩れてしまう要因になってしまうからです。



 これらが「相手に合わせて関わる」という言葉の具体的な考え方だと思います。ヘルパーに当てはめると、利用者さんや保護者の方と良い人間関係を築いていくべきです。もしできていなければ、ヘルパーさんの支援一つ一つに対して利用者さんは否定的に感じてしまうかもしれません。よって、良い人間関係を築くことは良い支援への近道だと思います。(kuri)

 一人暮らしの経験がある方ならわかってもらえる人がいらっしゃるかもしれませんが、休日に外出せずに家でゆっくりしていると、人と会話をするという機会が本当にないのです。障がいのある方で一人暮らしされている方もたくさんいらっしゃいます。人と話す機会のほとんどが、ヘルパーさんとの関わりだという状況にある方も多くいらっしゃると思います。利用者さんの豊かな生活の為に、一緒におしゃべりをするという時間も大切だと思います。もちろん支援しながらでも構いません。利用者さんが話したいようであれば聞き、色々話を聞きたそうであれば、ヘルパーからお話をする、ということも支援には必要になると思います。

 

 

 

もちろん、おしゃべりが得意な方ばかりではないと思います。利用者さんそれぞれが、おしゃべりを楽しみたいと思っているかどうかを汲み取れるように考えを巡らせることが大切だと思います。家事援助や身体介護で関わっている場合、手順や支援内容に追われると、なかなか集中してお喋りできないこともあるかもしれません。「何かおしゃべりしなきゃ」と思いすぎると、逆に安全がおろそかになって良い関係を築くことが難しくなる原因になってしまいます。おしゃべりすることも必要な支援だと認識することから始めてみたら良いと思います。もし支援に余裕のある日が出た時には、おしゃべりの時間というものについて考えを巡らせてほしいです。利用者さんと楽しくおしゃべりができると、コミュニケーションをとる必要性を感じられて、今後も余裕を持ってコミュニケーションを図ってみようというモチベーションになってきます。こうすると、利用者さんの暮らしがより一層豊かになり、ヘルパーさんも利用者さんのお話を聞く時間を楽しめるようになるはずです。(kuri)

 利用者さんとの外出中、道中に気になるものを見つけると、寄りたいと伝えてくれることがあります。しかし、その利用者さんの本来の外出目的が、例えば好きな公園に行き、ブランコでたくさん遊ぶことだったとした場合、心苦しいですが寄りたいという気持ちに寄り添わずに支援として制止することもあります。



 移動支援という設定された時間内で何をして過ごすのか、支援としてヘルパーが代わりに管理する必要がある利用者さんもいらっしゃいます。興味のままに寄り道をしていれば、本来したいと思っていたブランコが短くなり、結局全然楽しめない外出だったと思ってしまうかもしれません。利用者さんが興味を持ったものや、利用者さんの「したい!」の気持ちを制止することも時には必要で、それも支援だと思っています。




 しかしながら、もっと「したい!」を叶えるべく外出時間の延長を事業所が約束できるようになるべきだし、そういった細かな要望に応えられるべきだと思います。場合によっては、制止するという支援は【課題】として把握し、解決するべく行動していかないといけないことだと思っています。(kuri)


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

ヘルパースクエア
くらん なかもず

profilephoto
▼事業所概要
[ 事業所名 ]
ヘルパースクエアくらんなかもず
[ 住所 ]
〒591−8023 
大阪府堺市北区中百舌鳥町6丁1040−24 
ロイヤルカーサ1番館201号室
[ 電話番号 ]
072-283-8695
[ FAX番号 ]
072-283-8695
[ メールアドレス ]
clan-a4@osaka.zaq.jp
[ サービス提供地域 ]
堺市全域
※提供地域外の方の相談もお待ちしています。
[ 提供サービス・事業所番号 ]
居宅介護
(身体介護、家事援助、通院介助):2716500984
重 度 訪 問 介 護 
 2716500984
同  行  援  護 
 2716500984
移  動  支  援 
 2766540542

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM