一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.08.13 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

こんにちは。

暑さが厳しい時期ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

くらん研修会報告第8回目

今回の研修会のテーマは【コミュニケーションの性質を知ろう!】です!

支援者として利用者さんに関わる以前に、事業所内での報告、連絡、相談にも

コミュニケーションは欠かせない要素です。

 

レクリエーションを通じて、コミュニケーションの難しさへの気づきや、

どういうコミュニケーションが有効なのかを理解してもらうため

本研修を行ないました。

 

☆研修内容

【チームで協力して一つの地図を書き上げよう!】

1.参加者全員に、地図を書くために必要な情報が書かれたカードを3.4枚ずつ配ります。

2.そのカードに書かれた情報は口頭で伝えることのみ許されていて、書き出したり、

 カードを見せることで伝える方法は禁止されています。

3.情報を交換しながら、地図を書き上げるよう模索していきます。

4.最終的に描き上げた地図と正解地図を見比べ、どこが違っていたかを確認します。

 

☆研修の気づき

・情報を収集する際に、それぞれの参加者がどういう役割をしていくのかを把握し、

 自己覚知を促す。

・コミュニケーションの難しさを感じて、自分で正しく伝えるため、

 正しく理解するためのコミュニケーション方法を模索するよう促す

 

☆研修結果

地図は完成できなかったが、参加者全員が自分の情報を他人に伝えるために積極的に話す姿は見られた。

また、話をまとめるファシリテーターのような役割をするメンバーと、

それを円滑にサポートするメンバー、

そして、煮詰まった意見から別の考え方を提案するメンバーと、かなり役割が分かれて見えた。

 

 

コミュニケーションの取り方においても、人によって得意な部分と苦手な部分があります。

自分はどういう関わりが得意で、どういう関わりを苦手としているのか、

また、コミュニケーションの取り方にはいろいろな方法があるということを知る

いい機会になりました♪

 

JUGEMテーマ:社会福祉

 

 

 

くらん研修会の報告をさせて頂きます。
今回の研修テーマは
移動支援時に必要なガイドヘルパーの行動とは?』というものでした。
活動を始めて間もないヘルパーが、移動時に必要な心掛けについて話し合う機会を設け、
移動支援時にガイドヘルパーが心がけおくべきことは何かを自主的に考えてもらうために今回の研修を企画しました。

▼研修内容
―蘓桓團悒襯僉爾もつ「移動支援」のイメージを共有。
◆岼榮飴抉膸に必要なガイドヘルパーの行動とは」と言うテーマで、グループワークを行なう。

▼グループワーク内容
‘麋匹吠かれ、車イス利用者の方と一緒にどこかへお出かけすることを想定する。
△泙困修里出かけ先に行くまで、もしくはお出かけ先でヘルパーはどんな課題に直面する可能性があるのかを挙げてもらう。
(例 ・移動先でのトイレはどうすればよいのか?
   ・プールに入る時に着替えはどうすればよいのか?等)
次にその課題に対してどういう対応策があるのかを考えていった。
(例 ・移動支援場所に多目的トイレはあるのかを調べておく。
       ・利用者さんの身体の特徴に合った衣服の着脱の仕方学んでおく。等)
い互いに出てきた内容を発表する。

▼研修結果
初心者ヘルパーは移動支援時に起きうるいろんな不安要素を出してくれて、
ベテランのヘルパーはその課題に対しての色々な解決策を初心者ヘルパーに伝える機会ができました。
キャリアを問わず、自分たちの行なっている移動支援の内容や心掛けを共有し、再確認することができました。
ガイドヘルパーの仕事とは支援内容が多彩であること、
あらゆることに配慮して行動すべきだということを全員で共有するいい機会になったのではないでしょうか?

JUGEMテーマ:社会福祉

 

 

くらん研修会報告第6回目です。

今回の研修テーマは『サービス報告が上手にできるようになりましょう!』でした。

 

例えば、サービス後にご家族さんにさせていただく報告であったり、

事業所に戻ってきてから他のヘルパーにする報告であったり、

いろいろな場面での『報告』に対し、

「難しい」「上手くできない」「正解は何?」等の意見をヘルパーさんから耳にしたことから、

報告について改めて考えを深めようと、このテーマで研修をさせていただきました。

 

▼研修内容

3人2グループに分かれて、「良い報告とは何か」ということを話し合う。

グループごとに話し合ったことを発表する。

 以下、各グループの意見の一部を抜粋。

 ★グループ機

主に利用者さんが帰宅した後、ご家族さんに対し行う報告について話し合いました。

〇良い報告とは、内容がしっかりしている報告

具体的には...

体調はどうだったか、利用者さんが楽しそうにしていたかどうか。

いつもと違った様子(差異)はあったか等々。

〇報告のポイント

・ご家族さんが知りたいことを把握して伝えれるように、事前にリサーチしておく。

・報告時間の長さは、利用者さん毎に違うからそこも合わせる(タイムキープも必要)

・報告がてら、利用者さんの普段の様子などを知れる機会と考え、報告する。

★グループ供

報告全般について話し合いました。伝達方法別(文字・口頭)や時系列毎(事前・その場・事後)の報告について考察をしました。

〇文字

・目に入りやすい文章(字体も大事、図表を使用する)

・誰が読んでも理解できるように

〇口頭

・報告するタイミング・場所を考えておく

・相手に威圧感を与えない、笑顔で報告する

・相手の理解状況を見ながら報告する(言葉をかみ砕いて説明することも必要)

〇両方

・時系列を分かりやすく

・5W1Hが分かりやすい(いつ、どこで、誰が、なぜ、どのように)

 

 ▼研修結果

各々のグループで報告について考察することによって、他のヘルパーの報告の仕方や、

自身の報告の仕方について改めて見直す機会が出来ました。

最初から意識せずに、完璧な報告をすることは至難の業だと思うので、

今回出てきた意見を少しずつ意識して実践し、より良い報告を目指していくことが大切だと感じました。

こと事業所において言えば、

良かったことも悪かったことも、楽しかったこともしんどかったことも、

もれなく報告しやすい環境を作ることも大切ですね。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ヘルパースクエア
くらん なかもず

profilephoto
▼事業所概要
[ 事業所名 ]
ヘルパースクエアくらんなかもず
[ 住所 ]
〒591−8023 
大阪府堺市北区中百舌鳥町6丁1040−24 
ロイヤルカーサ1番館201号室
[ 電話番号 ]
072-283-8695
[ FAX番号 ]
072-283-8695
[ メールアドレス ]
clan-a4@osaka.zaq.jp
[ サービス提供地域 ]
堺市全域
※提供地域外の方の相談もお待ちしています。
[ 提供サービス・事業所番号 ]
居宅介護
(身体介護、家事援助、通院介助):2716500984
重 度 訪 問 介 護 
 2716500984
同  行  援  護 
 2716500984
移  動  支  援 
 2766540542

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM